脱「マショウノオンナ」『保健師だより』私流のコツワザ集 by保健師とみりん 私流のコツワザ集

第1回 「伝える」から「伝わる」への変換

今年2月にここ「保健指導向上委員会」主催でおこなわれたセミナーで、「話題提供」の1つとして報告させていただいた内容をシリーズで連載することとなりました。

今回はその第1回目として、「読みやすさ」をテーマにいたします。

9月までNHKで放映されていた連続テレビ小説『とと姉ちゃん』をご覧になっていた方はいらっしゃいますか?

主人公が社長となった出版会社では、女性の暮らしに役立つ情報を提供することを目的に雑誌を出版します。戦後、電化製品が世に多く出回り始めた時、本当に良い商品を主婦が選べるようにと商品試験を始めます。
たとえば洗濯機の場合、どんなに厚い布でも汚れがおちると宣伝されても、当時の衣類のほとんどは薄い合成生地で、強い洗浄力では布が傷んでしまうことを実験で示します。また、当時の多くの家では排水設備が不十分なため、ベランダや裏口などの屋外に置かれる洗濯機が多いことから、外に洗濯機を置いての実験もし、直射日光が洗濯機の外側やつまみ等に使用されるプラスチックの変色や劣化をもたらすことも示します。当時のメーカーのほとんどが工場などの室内での商品試験を行っていたため、これが新たな発見となります。

TVドラマですので多少の脚色はあったとしても、ここで主人公たちが大切にしていたのは、「使う側の視点」でした。これは私たち専門職にもいえることと思います。

「読む側」、「聴く側」、「生活習慣を変える主人公」である対象者の方々の視点にたっての情報提供をすることが必要であり、大切なことと私は思います。

「保健師だより」は、当健康保険組合の保健師2名で作成・発行しておりますが、その様式ポイントは以下のとおりです。

  • テーマ
    季節や時事に合わせたものなど、読者が興味関心を抱きやすいもの
  • 文字数
    おおむね1行あたり20文字程度、全体で20〜30行前後
    (スクロールせずに読める文字数)
  • 文 章
    医学的な専門用語の利用は最小限とし、わかりやすい表現にする
    文尾は「です」「ます」調とし、「・・・しましょう」とはしない

今年で発行100号を越え、長く続けてきたせいか、油断してついつい文字数が増えたり、なんてこともありますが、基本の3つは常に意識しています。

ということで、本来でしたらここで原稿は終わるのがよくあるパターンですが、ここは情報交流がリアルにできるSNSです。みなさまとのアイデア交流として、テーマを提供することとします。正解はありません。みなさまがひらめいた案すべてが正解です。

今回の提供テーマは・・・・ 

今は、まさに秋真っ盛りですね。そんな今の季節にあった原稿を依頼されたとしたら、みなさまはどんなテーマで情報提供するか、アイデアを出し合ってみませんか?詳しくは連載コミュニティへ!

一覧に戻る
保健指導のアウトソーシングに関するアンケート調査 結果レポートの発表です
坂根直樹先生新連載「ストレス方程式で解決!簡単ストレスマネジメント」
血糖自己測定器と院内専用グルコース分析装置の違い
脱マショウノオンナ 『保健師だより』私流のコツワザ集
ニッポンの健康づくり 辻一郎先生 津下一代先生 インタビュー
協力企業
ニプロ株式会社 気をつけていますか?メタボリックシンドローム!!
ニプロ株式会社 気をつけていますか?メタボリックシンドローム!!

保健指導向上委員会の運営を応援してくれる協力企業を募集しています。詳しくは、こちらまでお問合せください。

ad@hokensidou.net
地域保健
かいごweb
東日本大震災に関する情報 地域防災力向上を目指す情報サイト「webside.jp」
SNSログイン
保健指導向上委員会SNSにログインする
SNS新規登録SNSについてもっとくわしく
委員会からのお知らせ