「月刊 地域保健」「SNS保健指導向上委員会」合同企画 ニッポンの健康づくり 辻一郎先生 津下一代先生 インタビュー

「健康日本21(第二次)」が平成25年度からスタートします。7月には「健康日本21(第二次)」の推進がうたわれている「国民の健康の増進の総合的な推進を図るための基本的な方針」が大臣告示され、その内容が見えてきました。「健康日本21」とは、10年後の日本のあるべき未来の姿を描き、その目標に向けて、健康づくりを進めていくための、「未来日記」のようなもの。「国の目標なんて現場の人間には関係ない」「また国が決めたことをやらなくちゃいけない……」と思っていませんか。

「健康日本21(第二次)」では、10年後の日本の姿として、国民が健康でいきいきと暮らすために、「健康寿命の延伸」に加え、新たに「健康格差の縮小」の実現を掲げています。そのために個人の行動変容と社会環境の整備との両輪による健康づくりをしていこうというものです。

内容は、下記アドレスからご覧いただけます。
国民の健康の増進の総合的な推進を図るための基本的な方針
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/dl/kenkounippon21_01.pdf

推進するにあたって参考となる資料はコチラから
健康日本21(第二次)の推進に関する参考資料
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/dl/kenkounippon21_02.pdf

参考資料にある分野ごとの目標数値は、目標値に近づけていけば、結果として「健康なまち」をつくることができることをエビデンスで示したもので、今後のまちの保健事業を進める手引書として活用できます。また、国や自治体の役割はもちろん、健康支援の専門家の役割も提示されています。

実はここには「具体的な施策」は書かれていません。それはなぜでしょうか。

本企画は、「健康日本21(第二次)」策定の委員である辻一郎先生(座長)、津下一代先生(副座長)のお二人に、「健康日本21(第二次)」の理念や役割、重要性をぜひ語ってもらいたいと思いお願いしました。「健康日本21(第二次)」を多くの方に知ってもらいたいと考え、弊社発行「地域保健」と「保健指導向上委員会」との合同企画です。

「地域保健」では、「健康日本21(第二次)」の理念や狙いとするところについてお二人の先生にご対談いただき、その後に「保健指導向上委員会」では、実践する立場としてなにをすべきかを編集部からインタビューさせていただきました。
本来の順番としては「地域保健」→「保健指導向上委員会」の順で読んでいただく内容かとも思いましたが、webの特性をいかし、ひと足先にアップすることにいたしました。
先に「健康日本21(第二次)」には「具体的な施策」は書かれていないのはなぜか、ということを書かせていただきましたが、インタビューをお読みいただくとその一端が語られているかと思います。先生方の思いとあわせてお読みいただければ幸いです。

「地域保健」11月号も楽しみにお待ちいただきつつ、まずはぜひご一読ください!!

1||
 トップに戻る