「月刊 地域保健」「SNS保健指導向上委員会」合同企画 ニッポンの健康づくり 辻一郎先生 津下一代先生 インタビュー

「健康日本21(第二次)」のスタートに向けて、現場の担当者が、まずすべきことはどんなことですか?

辻一郎先生辻:「健康日本21(第二次)」での、市町村の役割は、まちの健康づくりを企画したり、進捗管理したりするということ。実際にこの事業を展開していくのは、住民団体であったり、給食事業者であったり、学校であったりと、地域全体が健康づくりに向けて動いていこうというものです。
市町村が、住民に“してあげる”というものではありません。市町村は、むしろ地域の力をボトムアップし調整するのが大事です。これからは、地域の声、地域の力をひろいあげて、全体を風通しよくすることが行政の仕事だと思います。自治体の役割はあくまで住民が健康づくりに向けて動くきっかけをつくることですし、そういう意味でいえば、今回の「健康日本21(第二次)」も、まちの健康づくりを進めるための、まさにきっかけをつくるためのものといえます。

健康支援の専門職はもちろん、まちにいる一人ひとりすべてが社会資源ですから、多くの方を巻き込めるような体制をつくっていく、それが市町村の仕事です。
そこからは、いろいろな職種の方がいらっしゃるから、それぞれにがんばってもらえるような下地づくりをして、実践に結びつけていくことですね。

津下一代先生津下:「健康日本21(第二次)」の国の目標策定に当たり、策定委員の先生方は、それぞれの分野で真剣に検討され、エビデンスをもったものをつくっています。まずは、担当者と関係各所のメンバーがそれぞれの分野にあわせて、特定健診のデータ、国保の医療費のデータ、介護保険のデータなどを持ち寄って、自分のまちのそれぞれのデータと比較してみることが大切だと思います。次期計画にも、市町村は既存データを活用すると良い、保健担当者だけでなく部局横断的にも話し合うことの大切さといった記述がされています。
集まったメンバーで「うちはこうなっているんです」ということをお互いにプレゼンし、どうしてこういうデータがでてきたのだろう、どうしたら良くなるのだろう、そしてどんな地域にしていきたいのかなど、地域への思いを語りながら、そこから何が見えるかを話し合うことからはじめてほしいと思います。そこからはじめてもらうと、イメージがつかみやすいのではという気がしています。

ただし、そこから何をすべきかは、市町村によって違ってきます。問題点をみつけ、情報を共有化する、トップの理解を得て進める、地域の協力者を増やしていくなど、なにからどのようにすすめていくかなど、戦略はかなり違ってくるのではないでしょうか。


辻:「健康日本21(第二次)」は、国からこんな運動をしなさいというものではありません。市町村それぞれがかかえる健康問題は、違いますから。
第1次は、自治体みんなが同じように目標をつくるという、目標のための目標になってしまったところが多かったようですが、自分たちに必要なことは、自分たちで決めていくという民主主義にしたがって、地域ごとに、プロセスを考えて実行していくことでこそ、わがまちの健康づくりとなる。地域診断をしたり、地域の資源を探し活用したり、自治体のなかで横のつながりをどういうふうにしていくかだったりと方法はいろいろあると思います。
まちの固有な状況をみながら、なにが問題でなにが資源なのか、そういうことは地域でしかわからないことですから。たとえば、高齢社会というと否定的にとらえがちですが、高齢者が増えている分だけ、まちの社会資源が増えているとも考えられるわけです。

津下:今までのやり方だけではなくて、例えばいま防災への関心が高くなっていますから、防災のなかで健康を伝えていくというのもひとつの方法です。防災と健康で重なる部分はたくさんあります。高齢者や障害者の所在確認からつかんでいったり、逃げるということも健康づくりにリンクしやすい部分があるでしょう。
だから、地域資源を考えるときは、使えるものはなんでも使っていく、つながれるところにはどんどん声をかけていくという広げ方をしていくと、資源はいっぱいあるのではないかという気がします。

自治体が、健康づくりについて「やってあげます」というと、住民からは「いらないよ」といわれますが、「助けてくれませんか」というと、「力になるよ」といってくれる人が多いわけです。実際に、防災や子どものため、まちのためにというと、一緒にやってくれる人が増えていきます。健康づくりの場と制限せずに、いろんな場面、いろんな集まりにどんどん出ていくといいですよ。まちに協力者を増やしていくことが大切ですし、担当者もいろんなつながりをもつことで刺激にもなります。

実際、こうした活動をすると担当者自身が元気になるんですよ。保健事業として「人を集めて決められた事業をしなくてはいけない」と思うのではなく、こうしてまち全体をつなぎ、健康につなげることをやりたかったんだという声を良くききます。

|2|
 トップに戻る